2010年04月28日

事件解決へ地域の連携重要 世田谷一家殺害の遺族が講演(産経新聞)

 平成12年に世田谷区であった一家殺害事件の遺族、宮沢良行さん(81)が23日、千代田区で講演し、「住民のつながりが薄くなり、事件解決が難しくなっているのではないか」と、地域の連携の重要性を訴えた。

 宮沢さんは事件当時について「捜査員に質問されるばかりで、何が起きたかまったく分からなかった」と振り返り、「地元警察と聞けば被害者にも親近感がわき、捜査がスムーズに進むのでは」と指摘した。

 一方、殺人罪などの公訴時効撤廃を盛り込んだ刑法と刑事訴訟法の改正案が近く成立する見通しとなったことについて、宮沢さんは報道陣に「一日も早く時効を撤廃して絶対に犯人を捕まえてほしい」と訴えた。

「もう5年もたったよ」=事故現場、遺族ら献花−通過列車で合掌の客も・福知山脱線(時事通信)
情報公開法改正に着手=枝野行政刷新相が私案(時事通信)
牛6頭、口蹄疫の疑い=宮崎県内で2例目(時事通信)
有休取得率70%へ=20年目標、消費刺激を期待−政府(時事通信)
コイも受難、火山噴火で渡欧できず(読売新聞)
posted by ハヤマ イサオ at 01:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。